東京都世田谷区の検索結果一覧 2ページ目 | 関東看護介護ネット

0120-066-188

東京都世田谷区の検索結果

0件がヒット 11-20件を表示

世田谷区の特徴

世田谷区は東京都23区の中でも南西部に位置しており、調布市や三鷹市などに隣接しているほか、多摩川を挟んで神奈川県川崎市とも境を接しています。
一方で、渋谷区や目黒区とも接し、複数の私鉄路線が通っているため都心へのアクセスも便利なロケーションです。
約58平方キロメートルに及ぶ面積は、23区の中で大田区に次いで2番目に大きく、人口は23区の中でも最多となっています。
また、世田谷区は30代・40代を中心に20代から60代にかけての働き盛りの年代の人口割合が多くを占めていることが特徴的です。
単身世帯の割合が平成22年の国勢調査で49.8%と増加傾向にあり、全体的には2人以上の家族構成の世帯とほぼ同じ割合です。
大通り沿いや駅周辺などには商業地が広がっているため、スーパーをはじめとして日常生活で買い物ができるお店が多数点在している一方、都内でも有数の住宅地が広がるエリアでもあります。
さらに自然を感じることのできる公園が多数点在しているほか、面積の3分の1を緑化するという「世田谷みどり33」という取り組みを行っています。

世田谷区の介護・看護情報

2016年10月現在の集計値によると、世田谷区の一般診療所合計は834。
人口10万人あたりに換算すると92.32で全国平均の67.88に比べて多めです。
区内には世田谷中央病院や関東中央病院、国立成育医療研究センターをはじめとした病院は26、一般診療所では内科や小児科、皮膚科などの診療科目が多い傾向にあります。
歯科医院の全体数は754で、人口10人あたりでは83.47。
全国平均の54.30よりはだいぶ多めです。
さらに在宅支援病院は3ですが、在宅療養支援診療所合計は136で全体的に全国平均よりも多めになっています。
一方で、病床数を見てみると世田谷区の病院病床数は全国平均の1,215に比べて610.18と半数ほど。
そのため、世田谷区ではかかりつけ医として診ることのできるクリニックや中規模の病院施設が多い傾向にあります。
介護施設総数は1,028で、人口10万人あたりの数が12.94という全国平均に比べると11.34と少なめですが、将来の推計人口では65歳以上の高齢者割合は増加が見込まれています。
また、医療介護需要予測指数も2034年時点で医療・介護ともに全国平均を上回る予測です。
人口も増加傾向にある世田谷区では、医療に加えて介護の需要も伸びていくことが予想されています。
大規模な病院はもちろん、地域医療に貢献できる小規模なクリニックや高齢者の需要を満たす介護の場で、看護師や介護士として働いてみませんか。

このエントリーをはてなブックマークに追加
履歴書不要♪ まず登録面談!
いろいろな求人がご紹介できます。